グレーゾーン金利撤廃と債務整理

貸金業法の改正によって、グレーゾーン金利が2009年に撤廃されましたが、これが債務整理にどう影響するでしょうか。

まず、任意整理とグレーゾーン金利の関連についてですが、これは、グレーゾーン金利撤廃前から借金しているかどうかによって違ってきます。

もし、撤廃前から借金しているのなら、任意整理によって借金が減額できる可能性が高いです。

しかし、撤廃後に借金をしたのならば、金利は利息制限法の上限金利以内でしょうから、任意整理しても借金は減額できません。

とはいえ、利息カットは可能ですから、撤廃後の借金を任意整理することが無意味というわけではないです。

過払い金返還請求についても同様です。

撤廃前からの借金ならば、過払い金が発生している可能性があります。

撤廃後に作った借金の場合は、過払い金が発生することはありません。

なお、過払い金については完済後10年で時効となりますから、取り戻せるうちに取り戻しておくようにしましょう。 債務整理 山梨|過払いなら山梨借金相談ホットライン  http://yenki.tv

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ